Home » 豊胸手術 方法 » 豊胸手術 方法

豊胸手術 方法

豊胸手術の方法は、大きく分けて3つあります。

●バッグ挿入法
体の一部を切開し、シリコン製のバッグを胸に埋め込む。充填物は様々な種類がある。ラウンド型(お椀型)、アナトミカル型(下部が大きい釣鐘型)などの形状がある。 経年劣化し永久的に使えるものでは無い為、追加手術が生涯必要になる。破裂やその他の合併症、美容上の問題によるリスクもあるが[7]、 異常が発生した際に容易に取り出せること、大きなバストを望めることなどのメリットもある。
また、シリコンで豊胸手術した女性は、男からオッパイを揉み揉みされることで、埋め込んだシリコンがオッパイ以外の所へ分散されたり、
オッパイの形が変わってしまう心配はありません。一度定着すれば、その行為で移動してしまう心配はありません。

●ヒアルロン酸注入(プチ豊胸)
ヒアルロン酸を乳房に注入する。効果は一時的でヒアルロン酸が吸収されたら再注入を要することからプチ豊胸と呼ばれます。
料金はクリニックによって違いますがクリニックの平均は10ccで5万円。
1カップあげるのに大体40cc必要ですので、約20万はかかります。
皮膚の状態によっては複数回に分けて追加注入した方が良い場合もありますので、クリニックに相談をした方が良いです。

●脂肪注入
腹部など、自己体内から脂肪吸引で抽出した皮下脂肪を乳房に移植する。極端なバストアップを望まない場合など有効である。切開が必要でない、自身の組織の移植であることなどの特徴です。

一番体に負担がかからないのはヒアルロン酸です。注射を刺すだけですので、失敗しません。しかし、ヒアルロン酸のデメリットは2・3年で体に吸収されてしまうので、バストアップ継続には、維持費がかかります。


category : 豊胸手術 方法

美容整形(豊胸)関連記事

Copyright(c) 2011 美容整形・豊胸手術体験談のヴィナス戦記 All Rights Reserved.